« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月

2006.02.27

パナもデジ一眼参入

パナソニックがオリンパスと共同開発したデジ一眼 DMC-L1 を発表しましたね。

lumixコニカミノルタがカメラ事業から撤退、ニコンも銀塩部門は大幅に縮小(オリンパスも銀塩一眼からは撤退済みでしたっけ?)と老舗のカメラメーカーが苦戦する一方でソニーやパナ等のエレクトロニクスメーカーが勢力を拡大してます。

やはりデジカメは「光学品」ではなく「家電」なんでしょうね。
新規参入が増えることは良いことなのでしょうが、銀塩一眼で写真を始めた身としては少々寂しいです。


関連URL

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.25

ビーフ(風味の)ヌードル

hb1今日の息子のランチはケアンズの Woolworths で買って何故かお気に入りになった HOME BRAND Beef Flavoured Noodles。

ま、何の変哲もないカップ麺ですけどね。
Woolworths の PB 商品(1ヶ 70円強くらい)ですが、案の定製造は中国となってます。

hb2でも容器には "If for any reason you are not 100% satisfied with this product, please return it to your local Woolworths store for a full refund or replacement."と自信たっぷりの表示がしてありますた。
全部食べてから「満足しなかった」と持っていっても OK なのでしょうか?
ちょっと気になります。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.24

ぼく管2

gateWin マシンが来て1週間。
基本的には女房用の WEB & Mail マシンではありますが、Mac ではやれなかったゲームソフトをインストールしてみました。

ぼくは航空管制官2
空港を舞台に飛行機の管制を行うという結構マニアックなゲームです。飛行機に関心のない方には「いったい何が面白いんじゃ?」という代物ですが飛行機好きの人間にはフライトシミュレーターと共にはまってしまうのですよね。 (^_^)

いくつものシリーズの中から今回は成田空港版を選び、早速やってみました。航空無線や進入・出発経路、登場する航空会社等々なかなかリアルで本格的です。

で、初級者向けの1st ステージは難なくクリア。
大したことないじゃんとたかをくくったら 2nd ステージで敢え無く撃沈。(^^;) 甘く見てはいけませんね。
さてさてどれくらいで最終ステージまで行き着くのやら…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.20

ジン・ジン・ジンギスカ〜ン♪

週末に札幌に遊びに行った職場の部下からもらったお土産。

Genghiskhanその名も「ジンギスカンキャラメル」。(爆)

ネットで見てみると不評のようですが、我が家(小生&息子)での評価はそんなに悪くありません。
甘味の中にほのかに香るジンギスカン風味(肉かソースかはたまたニンニクか?)がオツですねぇ。

なかなかいけまっせ…って味覚が変なのかな?> б(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.18

できた(とおもう…)

昨日より風邪気味だったので午前中一番でかかりつけの医院で診察。熱は 37度前後なのでインフルエンザの心配は無かろうと総合感冒薬と抗生物質を処方してもらいました。

dekitaその後はおとなしく家で Win マシンのセットアップの続きです。
Flash や Shockwave、QuickTime といった各種プラグイン類、プリンタや携帯電話接続のドライバー類、デジカメ付属ソフト、Photoshop Elements、OpenOffice.org、iTunes、FireFox、Thunderbird 等々を次々とインストールしました。

念のため Norton で完全スキャンを実行し、最後に女房のアカウントを設定。メールの送受信チェックも問題なしでどうやら無事に終了したようです。ふぅ。

慣れの問題かとは思いますが、Mac の方がやっぱり楽かな? (^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.17

できる(のか?)

Mac 一筋 16年余の我が家に Windows マシンがやってきました。

dekiruHP Notebook nx6120。7諭吉程で購入したMS Office も入っていない全くの素のビジネスノートです。

職場では Windows 2000 マシンなのですが、ただ準備されたアプリケーションを使っているだけ。自分でセットアップするのは初体験です。
付属するマニュアルは必要最小限、というかほとんど無いに等しいです。オンラインマニュアルを参照しろと言うことなんですね。
とりあえず「できる」シリーズも参考にしながら、ネット接続設定と Windows Update を終わらせました。

やっぱり勝手が違うなぁ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.16

美味しゅうございました

本日は昨年退任された役員さんを囲む会で青山 星のなる木へ。

コースの基本形は先月とあまり変わっていませんでしたので前菜と主菜を違う組み合わせにしてみました。

先附:ボッコンチーニと豆腐の揚げ出し
前菜:桜肉と博多葱のナメロウ仕立て、鹿児島黒豚の八幡巻、鹿児島阿久根産キビナゴのマリネ 手毬寿司、佐賀県有明産芝海老とポロ葱の掻き揚げ、鹿児島県産山川紫の蜜煮 黒胡麻塗し
椀物:合鴨のつくね、聖護院大根、金時人参、京春菊
菜皿:豆腐と茸のテリーヌ、京水菜と七条せりのサラダ
主菜:九州天草大王の天火焼き 柚子胡椒と本わさびとアドリア海の塩で
食事:松茸ご飯&赤出汁
甘味:胡麻豆腐と黒胡麻アイス カラメルソース、コーヒー
果物:長崎産濃い蜜柑

九州産の素材で攻めてみましたがなかなかのお味でした。

その上、オーナーからのシャンパンの差し入れ、お一人 3杯までドリンクフリーという特典もあったため、予算的にも大変リーズナブルでございました。
満足、満足。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.14

あ ぽちっとな

現在我が家は iBook 2台体制なのですが主に女房が使っているクラムシェルの iBook SE がたまに不穏な動きをするので買替えを検討していました。

先日発売されたインテル iMac にも食指が動いたのですが、Apple の新型製品は色々と前科があるのでちょっと逡巡してしまいますね。

そんな中 Amazon を覗いたら HP Notebook nx6120 が 7.5諭吉強でした。
Celeron M 360J (1.40 GHz/1MB/ 400MHz)、 RAM 512MB、15"TFT、 DVD/CDRW、 HDD 40GB でこの価格ならお買い得かなと思い、ぽちっとなしてしまいました。( 0.5諭吉ギフト券があったので 7諭吉強)

初めて購入する Windows マシン、これからお勉強しなくちゃ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.02.12

ケアンズ旅行記16〜番外

無事に帰り着いた旅行でしたが最後の最後にこんなことが。

koala1写真は Ken Done で買ったコアラ・パーカーですが、帰宅後ポケットに入っている子供コアラが見当たりません。空港へ向かうバスの中で息子が手に持っていたのは覚えているのですが。どうやら置き忘れてきたようです。
女房が JAL PACK に連絡したら見つかっても見つからなくても捜索費用(笑)が3,150円かかるとのことでした。
5,000円弱で買ったパーカーですから即座に却下。必要なら家にあるひっつきコアラでも入れればいいでしょう。(笑)

やっぱり最初から最後まで主役は息子でしたね。

さてさて、長々とアップしてきた旅行記もこれが最後です。
覗いて頂いた方々、どうもありがとうございます。 m(__)m
今後ケアンズへ行かれる際のご参考にでもなれば幸いです。

以下はみんカラのフォトギャラリーにアップした写真の一覧です。ご興味あればご覧くださいませ。

 Koala Koala Koala
 Animals
 Birds
 Cars
 飛行機&機内食
 Cairns Colonial Club Resort
 Woolworths
 Cairns City
 Kuranda Scenic Railway
 Dining
 Rainforest & Skyrail
 Green Island
 Flight's View

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ケアンズ旅行記15〜帰国

dep-from-CNS2月8日、いよいよ帰国の日を迎えました。5泊6日(機中1泊)なんてあっという間ですね。まだまだのんびりし足りない気分です。

朝食を食べ荷物のパッキングを終えると8時近く。それでも女房と息子は最後のプールへと…。どこまでもどん欲なやつらだ。(苦笑)
9時40分頃チェックアウトすると程なく迎えのバスがやって来ました。いくつかのホテルを回り DFS に到着、ここで50分の空き時間。最後の最後までお金を使わせるつもりですね。(笑)
小生と息子はまた Dome 動物園へ行きコアラにお別れをしてきました。(5日間有効のチケットっていいですね)
11時に空港へ向けて出発。といっても15分で着いちゃうんですけどね。

reef2帰路は往路と違って予定通りの時刻&機材の順調なフライト。離陸後しばらくはサンゴ礁が機窓を楽しませてくれました。
赤道近辺と成田へのアプローチの際に少々揺れましたが、あとはいたって平穏なフライトでございました。
19時30分に無事着陸。家族連れということで税関もスルーで20時10分頃には到着ロビーに立てました。次の NEX が20時45分発だったので待ち時間があり、自宅には22時30分前にようやく帰り着きました。

いやぁ 楽しい現実逃避行でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ケアンズ旅行記14〜ディナー2

ケアンズで過ごす最後の夜のディナーはホテルのもう一つのレストランである Homestead Restaurant。

cham前日の Jardines よりはカジュアルな感じですが、メインプールに面してオープンデッキのある雰囲気のいいレストランです。

最後ということで奮発してスパークリングワインをフルボトルでオーダーしましたが、それでもA$100程度とリーズナブルでした。
その上、量が半端じゃありません。女房とも 2品ずつオーダーしましたが、2人で 3品がちょうどいい分量のようです。やっぱり向こうの人は食べる量が違うんですね。

lazaine
お品書き
 飲み物:Victoria Park Pinot Chardonnay
     (豪州産のスパークリングワイン)
 小生:シーザーサラダ
    リーフフィッシュの天ぷら
 女房:海老のマリネ&アボガドサラダ
    ホームメイドラザニア
 息子:スパゲティトマトソース
    アイスクリームサンデー チョコレートソース

 食後のコーヒーさえ入る余地はありませんでした。(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ケアンズ旅行記13〜グリーン島2

リゾートエリアからほんの数分でビーチに到着。青、緑、藍、碧…と様々なグラデーションで海が広がっています。

snk息子もマスクにスノーケル、フィン、フローティングベストを着けて恐る恐る海の中へ。
はじめのうちはスノーケルを寝せていまい水を飲んだり、マスクをずらせて鼻に水を入れたりと四苦八苦してましたが、じきに慣れてきてこの通り。子供の上達はホントに早いです。

砂底の場所は今一つですが、ちょっと沖の珊瑚エリアに入ると透明度も魚影も素晴らしいの一言。親子 3人珍しい&美しい魚を見つけては大騒ぎです。
赤や黄色、薄緑、シルバー、ストライプ、斑紋等々と多種多様の熱帯魚が目の前を横切り、中にはわが美味しそうなわき腹を突く輩まで。(笑)「水中写るんです」を買っていけば良かったと後悔してしまいました。
全く足がつかないエリアにも怖がらずどんどん泳いでいく息子を見失わないように注意しながら小生も楽しみました。

green5それ自体は何の味付けもしていないステーキ or 魚のフライとフライドポテト、サラダ、フルーツという典型的な(爆)オージーランチをはさんで13時45分過ぎまで十分に水中の世界を堪能し 14時30分に帰路に着きました。この島には立派なリゾートホテルもありますので数日間滞在するのも良いかもしれません。

ケアンズ帰着後は女房はショッピング、小生と息子は Dome の動物園(またコアラタッチ)と別行動し17時過ぎにホテルへ戻りました。夕食前にはまたプールでのひと泳ぎとエア・ホッケー。みんなタフねぇ。(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ケアンズ旅行記12〜グリーン島1

green12月7日、今日も好天。ホントに雨期なんでしょうか?
でもこれからグリーン島行きなので降らないに越したことはありません。

8時のシティバスでは出港ギリギリになるのでタクシーでフェリーターミナルへ。A$15 弱でしたので 2人以上であればツアー送迎に A$11/名 払うよりお得です。

Great Adventres のツアーにのっかりましたがチェックインカウンターには大勢のお客さん。やはり日本人の乗客が最大派閥でしたね。

green28時半に出港、懸念したうねりも少なく 45分の快適なクルージングでいよいよグリーン島に等到着。下船して島に向かう桟橋から見下ろした海の透明度と魚に女房も息子も早くも興奮気味です。(爆)

息子が初めてのスノーケリングチャレンジのためアウターリーフではなくこちらのツアーにしたのですが、グリーン島でも楽しめそうです。
まずは 20分ほどプールで準備運動がてら軽く泳いだ後、スノーケリングセットとフローティングベストをレンタルして いざ、ビーチへ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ケアンズ旅行中記11〜ディナー1

champaign前日、前々日と夕食は Woolworths で買った食材で済ませていたので今日はまともなディナーにとの強い要望(from 女房)があったのでホテル内敷地の一番奥にある Jardines Restaurant へ。

お勧めのレストランとして旅行ガイドブックにも登場するお店で雰囲気もグッド。子供連れで行くことが一瞬はばかられましたが大人しくするように申し渡して入りました。

kangaloo息子の料理がオーダーとは違うものが来てしまう(もちろん丁重にお取り換えをお願いしました)というハプニングはありましたが、お味はバッチリ。
「オーストラリアの料理は???」というお話を聞くことも多いですが、美味しく頂くことができました。(右はカンガルーのステーキ)

お品書き
 飲み物:De Bortoli"Windy Peak"Prestige
     (豪州産のスパークリングワイン)
 小生:カンガルーのステーキ
    ローストチキンのレモンリゾット添え
 女房:クルマエビのプロシュット添え
    ズッキーニのパスタケーキ
 息子:ビーフステーキ
    アイスクリームサンデー M&M 乗せ
 食後:コーヒー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.11

ケアンズ旅行記10〜スカイレール

skyrailさて、ツアーも最後のセクション、Skyrail への搭乗です。前回訪問時はまだ陰も形もなかった乗り物なので小生も楽しみにしていました。

一年間の工事では資材の全てを大型ヘリコプターで運びその場で組み立てる工法を採用したため、熱帯雨林のうち伐採されたものはほんの十数本だけということです。(・o・)

skyrail2キュランダから麓のカラボニカまで 7.5km 途中一回ゴンドラを乗り換えますが、世界最長級のロープウェイです。
世界遺産である熱帯雨林を十数メートル上空から眺めるというスリルのある、かつ貴重な経験ができました。
Skyrail からの景色を見てケアンズがまさに山と海が出会う場所なんだということを実感しました。

素晴らしい空中散歩を終えると本日のツアーも終了。シティに到着後 DFS で粗品のチョコレートを頂いて解散となりました。
充実の一日でしたね。

その後、Ken Done のショップによって珍しく息子が欲しがった衣料品、コアラ型のパーカー(これが旅の最後にまたハプニングとなるのですが、この時は誰も知らない…)を購入してホテルに帰りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ケアンズ旅行記9〜レインフォレステーション

お次はバロン川を挟んでキュランダ村の対岸にある Rainforestation Nature Park へ。
こちらではコアラ&ワイルドライフパーク、水陸両用車 ARMY DUCK、パマギリ・アボリジニ体験などが楽しめます。

まずは息子が楽しみにしていたコアラ抱っこ。A$15と少々お高めの料金ですが、保護基金も含まれると言われればまあ、納得です。
ただ、自分のカメラでの撮影を禁止されるのはちょっとね…。

kangaloo2パークではコアラ、カンガルー、ワラビー、ウォンバット、ワニ等々オーストラリアを代表する動物が出迎えてくれます。

duck
動物たちと戯れた後は ARMY DUCK での熱帯雨林探検。様々な樹木やユリシス蝶(見ると幸福になると言われています)を眺めながら 30分ほど周回します。途中池を舟のように浮かんで進み水陸両用車であることを実感。1940年代に製造された軍用車とは思えないほどしっかり走ります。

それほど期待していなかったのですが、良い意味で期待外れの楽しいスポットでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ケアンズ旅行記8〜キュランダ散策

captain列車を降りるとすぐその足で Kuranda Riverboat へ。
45分間のショートクルーズです。さすがにワニは出てきませんが、鳥や魚、亀に食パンの餌を与えながらバロン滝の上まで往復してきます。途中息子はボートの操縦をさせてもらいました。

その後はキュランダ村を散策。カフェ、土産物屋、マーケット、ギャラリー等が集まるこじんまりとした村です。案の定息子は「歩きたくない」と不平たらたらでしたけど…。(苦笑)
とりあえずアイスクリームを与えて黙らせました。

chiken-sandランチは Rainforest View Restaurant でピザとチキンサンドを頂きました。
熱帯雨林を見下ろすオープンデッキでの食事は気持ちいいですね。
ウォーキング後の beer は最高でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ケアンズ旅行記7〜キュランダ鉄道

本日の早起きの理由はキュランダ一日ツアー参加のため。
宿泊ホテルの出発が 7時10分でした。ところがピックアップするホテル数が少ないことから最終集合場所には20分も早く着いてしまいました。これなら出発を遅くしてくれればいいのに…。

train3さて、キュランダ鉄道は 2度目の乗車です。12年前に乗ったときは午後のキュランダ発でしたが、冷房のない車両は朝のケアンズ発を使う方が良いとガイドさんが言ってました。まさしく御意でございます。

この鉄道は 1882年に調査が始まり 1886年に建設開始、1891年にケアンズーキュランダ間が開業したもので開拓時代の物資輸送や、病院への兵士輸送等に活躍しましたが、今は観光専用となっており 1日 2往復の観光列車が走るのみとなっています。

クルマだと 30分ほどの距離を 1時間45分かけてのんびりと走る姿は「世界の車窓から」のオープニングを長いこと飾っていたのでご覧になった方も多いのではないでしょうか。

train7行程の前半はマングローブやサトウキビ畑の広がるケアンズ郊外を淡々と走るだけですが、後半になると熱帯雨林やいくつもの滝、鉄橋にトンネルと様々な景色が広がって息つく間もありません。普段車窓からの風景に関心を示さない(すぐに寝てしまう)息子も目を大きく見開いて窓にへばりついていました。

最大の見どころである Barron Falls を過ぎるとやがて終点キュランダに到着です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ケアンズ旅行記6〜おぅ まい がっ!

2月6日早朝、早起きしなきゃとの思いが強過ぎて 4時半頃目が覚める。じじぃだな。(苦笑)

で、何気に息子の寝るベッドへ行ってみると何やら違和感が…。へっ(・・?) 
うそっ!パジャマのズボンが濡れています。!Σ( ̄ロ ̄lll)
や、やりやがったな…。そういえば昨晩寝る前にトイレに行ってなかったような。
即たたき起こしてシャワーを浴びさせ着替えさせました。本人は悪びれる様子もなくまた寝ちゃいました。(−−#)
(シーツの洗濯代を覚悟しましたが、チェックアウト時には何も請求されませんでした。ほっ)

小生はそれから寝ることも出来ないので早めの朝食。でもその時食べたマンゴーが悪さをしたのか、突然おなかが急降下、7時前までに部屋で 3回、ツアーの集合場所の別のホテルで 1回とお手洗いに駆け込むことに。つ、つらいぞ。
その後はどうやら治まったので良かったけど。
マンゴー、侮り難し。

親子揃って下の話で申し訳ありません。m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ケアンズ旅行記5〜ケアンズ・レインフォレスト・ドーム

続いて Reef Casino の屋上にある Cairns Rainforest Dome へ。

このドーム動物園は鳥や小動物を主体としたこじんまりとしたものですが、一回料金を払うと 5日間有効となるので滞在中何度も訪れることが出来てお得です。
餌付けツアーやバードショー、爬虫類ショーなど動物体験も行われており子供のみならず大人も楽しめます。

birdshow入場してしばらくしたらバードショーが開始。観客の中で子供はうちの息子だけだったので飼育員のおねいさんに呼ばれ蜜を塗った花を持たされると 2羽の Rainbow Lorikeet がおでまし。
最初は蜜を大人しく舐めていましたが、何を思ったのか 1羽が息子のほっぺをがぶっ!固まる息子を見て観客は大喜びでした。(爆)

do-not-touchその後はお待ちかねのコアラ体験(要コアラ保護募金 A$5)。ここでは抱くことは出来ませんが、柵の中に入れてもらってじっくりお触りタ〜イム。息子の感想は「ふわふわしていて気持ちいい」でした。

17時過ぎにホテルへ戻り、プールでひと泳ぎ&部屋食の後は明日の早起きに備えて早めに就寝です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ケアンズ旅行記4〜エスプラネード・ラグーン

2月5日、ケアンズ2日目。昨晩はぐっすりと眠り 6時過ぎに心地よい目覚め。

一人でホテル敷地内を散歩すると色んな種類の鳥たちが乱舞してます。中には朝食のおこぼれにあずかろうとレストランのベランダ席に陣取るやつも…。

city210時のバスでシティへ向かいます。本日の行き先はエスプラネード・ラグーン。
元来ケアンズには泳げるビーチがなかったのですが、近年大規模なプールが整備されました。巨大なプールの周囲は人工砂浜とウッドデッキ、芝生で囲まれ、旅行客だけでなく地元市民の憩いの場となっています。
水は沖合の海水を導入していますが、週に一回は清掃し全部入れ替えているのできれいなもんです。これで無料ですから最高ですね。

sunbirn遊泳中に今回の旅行で最初で最後の雨に遭いました。といっても強めの雨が 15分ほど降った後はまたカラッと晴れました。全然雨期という感じではありませんね。
おかげで 2日目にしてこんなに日焼け。小生も同様ですが、掲載するとクレームがきそうなので息子のにしておきます。(*^^*)

ここで 4時間ほど過ごしました。
このエリアはお洒落なレストランやカフェが集まっていて女房がランチを楽しみにしていたようですが、息子がフードコートの中のラーメンに固執したのでお洒落なお店行きは断念。二人の間に険悪な空気が漂いました。(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.10

ケアンズ旅行記3〜ホテルへ

今回泊ったのは Cairns Colonial Club Resort。

ロイヤルホテルの系列です。でも日系資本のホテルなのに 4泊の間日本語を話すスタッフとはついぞお目にかかれませんでした。

treeケアンズのシティセンターからは 4km ほど離れた所に位置し少々不便ではありますが、広い敷地にコロニアル調の建物が配され、庭には熱帯性の樹木が生い茂っていてトロピカルな雰囲気を醸し出しています。プールもそれぞれに趣向を凝らしたものが 3ヶ所あり、ケアンズのホテルとしては大きい部類に入るようです。

部屋はベッドルームにリビング、キッチンがついた Studio タイプで家族 3人でもゆったり過ごせました。

この日は一休みした後は早速ホテルのプールで真夏の太陽を浴び、身体をこちらの気候に慣れさせました。午前中からかなり強い日差しが注いできますのでサンスクリーン(SPF50)は必須です。

朝 8時から夕方 6時までは 1時間に一本のシティシャトルバスが出ていて、これを利用してシティへ買い出し。
freshオーストラリアの西友とも言われる(笑)Woolworths へ。
食品から衣料、雑貨と品揃えも多く、お値段も安そうでした。シャトルバスの発着場がお店の目の前にあることもあって結局滞在中毎日お邪魔することとなりました。

とりあえず、本日の夕食&4日分の朝食用の食材を購入。因みに息子が選んだ本日の夕食は Beef カップヌードルでした。(爆)
関連URL

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ケアンズ旅行記2〜入国

明けて 2月4日、現地時間の 5時30分頃には窓の外が明るくなり夜明けを迎えました。
日程表には朝食となってましたが出てきたのはオレンジジュースのみ…。一瞬 JARO にちくってやろうかと思いました。(笑)

app-to-CNS結局遅れを取り戻すことなく 7時前にケアンズ空港に到着。到着便のピーク時間帯をはずれたおかげで入国審査、税関はとても空いていました。
我が家の前ではおじさんが入国カードの記載の不備を指摘されたのに意味も分からず「sightseeing、5days…」と繰り返す光景が展開されてました。入国審査官も困惑の表情。一人で来てたようですが、これから大丈夫かいな。

さて、オーストラリアは食物や医薬品等の持込みに非常に厳しく、きちんと申告しないと結構な罰金を課されます。
常備薬を持ってきたので申告をしましたが、正直に申し出たのが功を奏したのかグリーンランプのレーンを指示され全くのノーチェックで外に出ることが出来ました。

今回は JAL PACK の AVA での参加でしたのでお迎えのバスに乗って一旦市内のきららステーションへ。
そこで簡単な説明を聞いた後、ホテルに向かい 9時前にチェックインとあいなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ケアンズ旅行記1〜出国

2月3日、いよいよケアンズへ向けて出発です。

JR、京成と乗り継いで18時30分過ぎに成田空港に到着し、チェック・イン。到着機材遅れのため出発は45分遅延の22時とのことでした。初っぱなからこれかぁ。

qf-crew21時を過ぎても到着せず、キャビンクルーも手持ちぶさたでだべりんぐです。

QF6021時10分頃にやっと到着しましたが、カンタスの機材ではなく子会社のオーストラリアンの機材でやってきました。おそらく機材トラブルがあって急遽代替便として飛ばしてきたのでしょうね。

結局定刻の 1時間遅れでの出発となりました。
おかげで食事にありついたのが 23時過ぎ、身体に悪いじょ…。
息子は食後すぐに眠りにつきましたが、小生は映画を上映するスクリーンの明るさや、乗客の話し声が気になってなかなか眠れず、うとうとしては目を覚ますの繰り返しでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.09

無事帰国

昨晩、真夏のケアンズより帰国しました。

現地には実質 4日半という短い滞在でしたが、天気にも恵まれ 11年 2ヶ月振りの豪州を満喫してきました。

一時の現実逃避を終えて明日からはまたお仕事です。仕事たまってるだろうなぁ…。(苦笑)

珍?道中記と写真はぼちぼちとアップしていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.03

伝説のはじまりか…

まだ、自宅でうだうだしてるのですが、先程 QANTAS の WEB をチェックしたら本日のケアンズからの便が 1時間5分の遅れと表示。

この便の折返し便が搭乗機なので当然出発も遅れますね。(-_-;)
出だしからこの調子かぁ。

珍道中伝説、はじまりの予感…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.02

準備完了

明日から6日間の現実逃避逃亡生活です。

本日はガサゴソとパッキング。行き先は真夏の豪州なので荷物が少なめで助かります。ハードスーツケースは使わずに済みました。

親子3人一緒では初めての海外ですが、どんな珍道中になることやら…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.02.01

今日ははずれ か…

帰宅時に乗っていた電車が新橋駅で止まりました。

「関東地方を襲った『強い』(震度 3〜 4 なのにね)地震の影響で線路の安全確認をするため」との説明が。でも横を走る山手線は普通に動いていたのですぐに回復すると思って15分ほどそのまま待ちました。
が、全然動く気配なし。復旧見通しについても何にも説明がない(いつもの事ですが…)ので業を煮やして振替輸送で回り道して帰ってきました。

止まってたのは東海道、横須賀、京浜東北でしたので横浜方面が大変なのかとも思いましたが、振替輸送の会社線に京急、相鉄、東急も入ってたから JR だけの問題だったようです。
何だかなぁ〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »