« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011.09.29

MyBook 作ってみました

先日のセミナーで興味をもった MyBook。この夏のペナン・シンガポール旅行の写真で作ってみました。

Img_1744

編集ソフトの MyBookEditor4 が MacOS に対応していないので WEB 上で作る「かんたん MyBook」で作成。
全ての作業が終了して頂いていた割引クーポンのコードを入力しようとしたら桁数が合わず受け入れてもらえませんでした。(ToT)
仕方がないので定価で注文しましたが、その後念のため アスカネットさんにメールで問い合わせたら現状小生の MacOS & Photoshop Elements のバージョンでは「かんたん MyBook」でしか対応出来ないとのこと。で、申し訳ないのでということで定価での注文を一旦キャンセルして「かんたん MyBook」で使用可能なクーポンコードを発行してくれました。感謝。m(__)m

写真集の出来映えは十分満足出来るものでした。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.09.27

2011/9/24 KIX → HND MQ28(NH3828)

17時過ぎまでスカイビューで撮影をしてターミナルに戻りました。
帰りの飛行機は Starflyer の MQ28。ANA で手配したので予約上は NH3828 となっています。


Sfj1

Gate21 に駐機する A320-200 JA03MC。


Sfj2

横のゲートには一足早く羽田に向かう JAL の B737-800 JA313J がいました。


Sfj3

RWY 上には到着したばかりの Hawaiian Airlines B767-300ER N590HA。

18:04 分にボーディング開始。SFJ には初めての搭乗でわくわくします。


Sfj4

座席は 7F。黒の革張りのシックなシートです。


Sfj5

隣席は空いていました。


Sfj6

窓の外を Jet Star の A330 がタキシングしていきました。


Sfj7

ドアクローズ直前。

18:13 にドアが閉まり 18:15 定刻通りにプッシュバック。18:20 にタキシングを開始して R-TWY 〜 L-TWY を経由して A14 から RWY06R に乗りました。
途中の安全説明ビデオでは Starflyer Ninja なるアニメキャラクターが登場し、楽しく説明していきます。搭乗客の関心を引くにはいいアイデアですね。
18:30 にエアボーンしました。


Sfj8

離陸後は大きく左旋回を続け関空上空に戻ります。


Sfj9

こんな感じのデパーチュアルートです。


Sfj91

飲み物のサービスでは美味しいと評判のホットコーヒーをお願いしました。チョコレートのサービスがさらに好感度アップです。(^^

順調なフライトが続き伊豆半島を横切りながら 18:57 にディセンド開始。大島上空を通過して 19:10 には房総半島へ。
出発時とは異なり風向きが南寄りに変わったようで真っすぐ千葉市へ北上しそこからレフトターン。LDA22 アプローチです。右側の機窓からはディズニーランド&シーやお台場、都心の夜景がきれいに見えましたが残念ながら撮影は不可でした。

19:24 に RWY22 にランディング、B3 から M-TWY 〜 L-TWY L3 で RWY34R を横断し H-TWY を経て 19:36 Spot 601 にスポットインしました。
ここからはバスで T2 に向かいましたが、地下トンネルを通ることを初めて知って驚きました。

初体験の SFJ フライト。シートのピッチも広めでサービスの質も良好でした。ひと味違うキャリアだなという印象です。(^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.09.26

2011/9/24 HND → KIX NH141 その2

あるお客さんの預け入れ荷物の出し入れをしたことでちょっと遅れ気味となり 7:24 分にドアクローズ、プッシュバックは定刻より 3分遅れの 7;28 でした。
7:33 にタキシングを開始し E-TWY に出たのでてっきりそのまま RWY05 に向かうかと思ったら G-TWY へ右折。W-TWY に左折して W1 で RWY34L に入りました。そう、ハミングバード・デパーチュアです。結構羽田から飛んでいますが、初めての体験となりました。
7:39 にエアボーンし空港島の北端あたりで大きく左旋回。眼下には大田区や川崎の臨海地区が広がります。絶好のシャッターチャンスですが電子機器使用制限下にありますので目に焼き付けるだけでした。(^^;


Nh14121

順調に飛行を続けますが南側の空はしばらくこんな雲だらけでした。


Nh14122

焼津辺りで地上が見えてきました。


Nh14123

8:08 伊良湖岬を左手に見て伊勢湾上空へ。


Nh14124

志摩半島のリアス式海岸です。


Nh14125_2

伊勢湾が輝いています。流れる川は宮川です。


Nh14126

紀伊半島の山中の川は泥で濁っています。上空から見るだけでも水量の多さがわかります。

Nh14127_2


Nh14128

8;25 ベルト着用サインが点灯。有田辺りでしょうか。


その後右旋回を続けながら高度を落とし 8:39 に KIX の RWY06R にランディング。8:43 定刻の 3分遅れで Gate16 にゲートインしました。このゲートは国際線・国内線兼用となっているようです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.09.25

2011/9/24 HND → KIX NH141 その1

昨日は1年振りの関空日帰り遠征に行ってきました。写真の方はこちらのブログに追々上げていきますが、このブログにフライトの様子を記しておきます。


Nh14111

本日の搭乗便は羽田発 7:25 の NH141。Gate69 に佇む機材は B767-300ER JA610A "Japan. Endless Discovery."。国際線機材です。


Nh14112

青空といい感じの雲が広がっています。フライト日和ですね。


Nh14113

通路越しに T2 の本館方向を望みます。ジャンボが停まってます。


Nh14114

7:00ちょうど、目の前を B747-400D JA8099 がトーイングされていきました。


Nh14115

7:08 Solaseed Air の B737-800 JA801X が RWY05 に向かっていきました。


Nh14116

7:10 過ぎにボーディング開始。自席はこんなシート。そう、国際線機材のビジネスクラス CLUB ANA Asia です。但しこの NH141 は全席普通席扱いの便なのでこの席は早い者勝ちです。今回私はマイル利用で「ロハ」で乗せていただいていますが、予約時に横5列(2-1-2)の席が空いていたのでさくっと 7A をアサインいたしました。(^^


Nh14117

私の短い脚では全席のフレームに届きませんです。(^^;


Nh14118

隣の Gate 70 に駐機していた A320-200 JA8946 です。


この JA610A は関空到着後2時間少々で NH175 として香港に向かいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ANA ボーイング787 就航記念 オリジナルフレーム切手

いよいよ本日 9月25日(米国時間)に1号機が ANA に引き渡される B787。
10月に予定されていたチャーター便による1泊2日香港弾丸ツアーは抽選に外れてしまい、しばらくは空港で撮影するだけにとどまりそうです。


Img_17401_2

そんな中、9月1日から販売が開始された『ANA ボーイング787 就航記念 オリジナルフレーム切手』。郵便局では取り扱いがなく ANA の機内販売のみが入手可能な手段です。昨日関空遠征に際ししっかりとゲットしてきました。


Img_17411

ただ帰路は SFJ とのコードシェア便だったのでチャンスは往路の NH141 のみ。巡航体制に入ってドリンクサービスを受けた際に早速「フレーム切手ありますか?」と訊ねたところ即答はなく「調べてみます」とのこと。サービスが一段落したところで CA さんが持ってきてくれました。人気の商品らしく便によっては在庫切れとなることもあるようです。とにかく無事にゲット出来て一安心です。


Img_17421

こちらが切手部分です。シール式の 80円切手が 10枚で 800円分ですが定価は 3,000円也(ANA カードで買ったので 10% オフの 2,700円)。いい商売してますね> ANA さん。(^^
シートの余白には「切手と写真部分を郵便物に貼って、ご利用いただけます」と記されていますが、使う人は皆無だろうな…。もちろん小生も永久保存版です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011.09.12

仲秋の名月

このところ空気の澄んだ毎日が続いています。

そんな中での仲秋の名月。東京の空にもこんなにくっきりと浮かんでいるのが撮れました。

Img_07361


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.09.11

「鉄道物語」×写真の楽しみ方 “フォトブック作成テクニック講座”

昨日は EIZO ガレリア銀座 で開催の「鉄道物語」×写真の楽しみ方 “フォトブック作成テクニック講座” に参加してきました。

第1部は EIZO(ナナオ)による液晶モニターの選び方と正しい調整方法についての説明を 30分ほど。
普段 MacBook Pro でテキトーに(苦笑)簡単な画像処理をしている私にとっては初めて知ることもあってためになりました。それなりの環境を整えるためには良い液晶モニター、カラーマッチングツール、室内の照明等々と揃える必要があり、先立つものとスペースの問題をクリアしなければなりませんが、いつかは自宅アトリエが欲しいですね。

第2部では3名の鉄道写真家さん(中井精也さん、長根広和さん、村上悠太さん)によるフォトセッション。持ち時間1人 30分で計 90分です。
アスカネットさんの展開する MY BOOK というフォトブックサービスを利用した写真集の作成についての作品セレクト方法やレイアウトのコツ、裏話までの楽しいお話が聞けました。
誰でも手軽に写真集を作ることが出来る MY BOOK、お土産に 3,000円分の利用チケットが入っていたので一冊 My 写真集を作ってみようかなとも思いますが、アプリケーションソフトの対応 OS は Windows のみとのこと…。(TT)
MacOS にも是非対応してください>アスカネットさん m(__)m


Eizo

MY BOOK で作った「「カステラ色の列車にのって」を手に熱弁を振るう中井精也さん。昨年夏の小湊鐵道撮影会以来の再会でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.09.08

ペナン&シンガポール旅行記 39 〜 2011/8/18 SQ12 フライト2 そして帰国

110818sq1221

離陸後 30分ほどでドリンクサービスの開始。ビールをお願いしたらいくつか銘柄がありましたが有無を言わせずにシンガポールの Tiger Beer が渡されました。好きな銘柄ですので結果オーライですけど。(^^ おつまみはピーナッツです。

離陸してから2時間強、日本時間の12時15分くらいからランチのサービスが始まりました。自席にきたのは12時45分。往路のように選択肢がなかったらやだなと心配していましたが、今回はきちんと選べました。


110818sq1222

女房と息子が選んだのは和食。前菜の盛り合わせ、冷たい季節の麺(茶蕎麦のようです)、シーフードの照り焼きソース、季節の野菜、ご飯、パン&バター、そして何故かぽたぽた焼き。(^^


110818sq1223

私が選んだのはインターナショナル(洋食)です。
ローストチキン ポテトとクルミのサラダ添え、ポークソテー レモングラス風味オレンジソース、ロースト野菜、ガーリック風味マッシュポテト、チーズ&クラッカー、パン&バターという布陣。白ワインと一緒に頂きました。


110818sq1224

デザートはタイ版ジャイアントコーンでした。(^^;


110818sq1225

深夜便の往路では遠慮した機内探索を今回は開始。
メインデッキの様子です。天井が高くボディも太いため 3 - 4 - 3 のシートアレンジでも決して窮屈感はありません。LED による照明も明るいし…。


110818sq1226

アッパーデッキの様子。決して狭苦しい訳ではありませんがメインデッキと比べると天井の低さは否めないですね。


110818sq1227

メインデッキとアッパーデッキを結ぶ階段。幅も十分あってすれ違いに苦労はしません。
カーテンで仕切られたスイートクラス&ビジネスクラスの探索は出来ず。搭乗・降機の際もスイートクラスエリアには入れてもらえませんでした。

自席に戻ってからは VOD で映画鑑賞。カンフーパンダや GANTZ、岳等々ありましたがきっとテレビでやることはないだろう(笑)との読みで「大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇」を視聴しました。2枚目俳優の竹野内豊の3枚目振りがなかなかでした。


110818sq1228

メインデッキの窓。構造的にまだボディが広がっていく位置なので座席と内壁の間に余裕があります。また、写真からもお分かりのように外窓と内窓の間隔が従来の大型機と比べても大きいですね。


順調なフライトを続け 16時前には日本列島に近づいてきました。

航路上は概ね安定していましたが終始ヘッドウインドで対地速度が880km /h とやや遅めで出発の遅れは取り戻せず、アプローチも RWY16R となったため時間を要し、17時26分にランディング。Gate 45 には 17時33分にゲートインしました 。まあ、これでも定刻の 3分遅れですが。

同時刻にアシアナのジャンボが到着したので入国審査が混んでいましたが、登録後初めて自動化ゲートを使って(今までは空いていたので有人窓口でも同じでした)すんなりと入国。あとは荷物のピックアップを残すだけと…。
ところがチャンギで3人一緒に預けたにもかかわらずバゲージがバラバラに出てきて、特に息子のバッグは最後の最後に現れる始末。
結局税関を抜けるのがかなり遅くなってしまいました。荷物の中身チェックはなしで無事通関。この時点で18時15分過ぎとなっていました。

帰りのルートはいくつかあり料金の安い18時34分にはアクセス特急もありましたが上野行きなのでパス。
38分発のスカイライナーに乗車しました。東南アジアの冷房に比べて車内の冷房が弱くちと暑いです。(^^;
日暮里で山手線に乗り換え。空いていて3人とも座れて一安心。五反田からの池上線は座れませんでした。無事に我が家に到着。
それにしても暑い…。赤道直下の国より東京の方が確実に熱帯化していますね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.09.07

ペナン&シンガポール旅行記 38 〜 2011/8/18 SQ12 フライト1

110818sq1211

搭乗機はこれ、9V-SKJ。2009年9月にフリートに加わった 10番機です。


110818sq1212

私たちが搭乗する SQ12 は GateB4、隣の GateB3 からはオーストラリアのパースへの便が出発するようです。Virgin Atlantic Airways の便名が表示されていますが運航は Singapore Airlines。アライアンスはありませんが SQ は VS に出資しているんでよね。


110818sq1213_2

8時45分に始まったボーディング。スイートクラス、ビジネスクラス、アライアンスステータスホルダー、子供連れ客と優先搭乗が行われ、9時前にようやくメインデッキのエコノミークラス後方シートの乗客のボーディングが始まりました。


110818sq1214

こんな感じで搭乗前に写真を撮るお客さんが大勢いました。やはり A380 だけありますね。


110818sq1215

自席の窓から。完全な主翼ビューです。(笑)空が黒くなってますがちょうどこの頃激しいスコールが降ってきました。9時20分過ぎにキャプテンアナウンスがあり、チェックインはしたものの搭乗しなかった乗客の荷物を降ろすために出発が10分遅れるとの説明がありました。こんなケースは初めての経験です。

それでも 9時28分にドアクローズ、定刻より 10分遅れの 9時35分にプッシュバック、9時39分にはタキシングが開始され、T3 → T1 → T2 サイドへ回って RWY20C から 10時ちょうどにエアボーンしました。
離陸後しばらくして左旋回してバタム島の上空を進んでいきます。


110818sq1216

マレー半島とビンタン島の間を東北東に飛行中です。


110818sq1217

順調に飛行中。
座席は B コンパートメント最後列の 43A。後ろに座席がありませんので気兼ねなくリクライニングすることが出来ます。但し後ろがトイレとなっていますのでバキュームの音やトイレ待ちの行列がちと気になりました。(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.09.06

ペナン&シンガポール旅行記 37 〜 2011/8/18 チャンギ国際空港

さていよいよ帰国の朝です。
5時に起床してシャワーを浴びて目を覚まします。おもむろに女房と息子を叩き起こして(爆)荷物の最終チェックをして 6時過ぎにチェックアウト。室料以外の料金発生なしなので領収書もありませんでした。
6時15分前に送迎バスが到着しました。今回はマイクロバスではなく大型バス、すでに乗っているお客さんがいてヒルトンからは4グループ、パークホテルから3グループが乗り込みほぼ満席状態でチャンギ空港へ向かいます。
7時過ぎに空港到着、グループチェックインカウンター 10 で手続き。この便はウェブ・チェックインをしていませんでしたが、我が家にはメインデッキ ABC の並び席がアサインされていました。
チェックイン後はやることもないのですぐに出国審査を抜けてトランジットエリアへ。


110818changi1

早速パチリ。(^^ Singapore Airlines B777-200ER 9V-SVE。


110818changi2

ハードロックカフェには何故かギブソンのギターだけがぶら下がっていました。


110818changi3

チャンギは朝から多くの出発機で賑わっています。まだ私たちの搭乗する SQ12 の表示は出ていません。


110818changi4

手前は先ほどの 9V-SVE、向こうは B777-300 9V-SYI です。


110818changi5

反対サイドのゲートには A330-300 9V-STK と A380-800 9V-SKC。


110818changi6

時間が過ぎて手前の 9V-STK が出発して行き、9V-SKC がはっきり見えます。本日の搭乗機も A380 ですがこの機材ではありません。


110818changi7

9V-SVE が出発した後の 9V-SYI。


110818changi8_2

初物。マレーシアの LCC Firefly の ATR 72-212 9M-FYF です。


110818changi9

SQ の機材の間をタキシングしていく Air India の A320-200 VT-EDC。AI の A320 も初めて捕獲しました。

機材撮影や女房の最後の買い物につきあってからゲートラウンジへ。この段階で手荷物検査があるのですが、これがことのほか厳しくて水やソフトドリンクはその場で飲み干すか廃棄処分をさせられます。日本では現物を見せることで持ち込み可になるのに…。我が家もホテルから頂いてきたミネラルウォーターと昨晩買っておいた 7UP を捨てるハメになりました。(ToT)


110818changi91

ゲートラウンジから撮った B777-300 9V-SYJ。
もうすぐ搭乗開始の予定です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.09.05

ペナン&シンガポール旅行記 36 〜 2011/8/17 Singapore Flyer

Singapore Flyer は 2008年3月に開業した高さ 165m の世界最大級の観覧車。デザイン設計は黒川紀章建築都市設計事務所が行ったそうです。

チケット売り場で「混んでる?」と訊ねたら「全然」という答えが返ってきたので搭乗することになりました。料金は一人 SGD29.5 と少々お高め。今回の旅行での現地で一番の贅沢かも…。(爆)


110817yakei1

乗り場に向かうまでの通路には TDL のスペース・マウンテン的な演出が。


110817yakei2

ゴンドラは 28名が乗り込める大型のもの。空調完備で快適です。


110817yakei3

まずはマリーナ地区の夜景が見え始めます。


110817yakei4

ピンクの照明に照らされた支柱とゴンドラ。


110817yakei5

チャンギ方面へ伸びる East Coast Parkway。


110817yakei6

Marina Bay Sands もこんな感じで見ることができます。


110817yakei7

シンガポールの摩天楼です。


110817yakei8

マリーナの高級ホテル群。

1周 30分の空中散歩は飽きることなく、シンガポールの最高の夜景を満喫しました。(^^

その後は再び歩いてシティホール駅に向かい、MRTでオーチャード、そしてホテルへ。
ベルのところで本日の半日ツアーで購入した菓子を受け取り。無事届いていて良かった。

翌日は 6時15分ホテルピックアップなので今晩のうちに荷物の整理とパッキングをしてシャワーを浴びたらすでに23時過ぎ。明日の早起きに備えてビールをかっくらって(笑)早々にベッドに潜り込みました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.09.04

ペナン&シンガポール旅行記 35 〜 2011/8/17 ディナー

夕食は Marina Square へ。ガイドブックに Marina Loft というフードコートが紹介されていたのでそこを目指したのですが……ありません。(爆)
The Gallerie というお店 というかフードコートに変わっていました。


110817dinner1

名前は変わってもこんな夜景を見ながら食事が出来るのは変わっていないのでオッケーです。


110817dinner2

チキンライスのセットメニュー。チキンもうまうまですが青梗菜もぐーでした。


110817dinner3

シンガポール版生春巻き(?)のポピアです。具がぎっしりと詰まっておりました。(^^

他にワンタン麺、餃子、フライドホッケンミー、飲み物を頼みお腹いっぱいです。
美味しいお店が入っている割にお客さんが少ないのがちと気になりました。やっぱり立地が原因ですかね?

結局この旅行での夕食は全て屋台村かフードコートでとったことになります。ガイドブックに掲載されているレストランへの未練もありましたが、コストパフォーマンスは最高でした。(^^)v

110817dinner4_2

食後は世界最大級の観覧車 Singapore Flyer を見に行きます。混んでいたら乗らずに帰ろうという前提でしたが、この姿を見ると「乗らない」という選択肢は消えたかな…。(^^;


110817dinner5

Marina Bay Sands。闇に浮かび上がるその姿はかなり目立ちます。この角度から見ると逆さにしたブーツのようにも見えますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.09.03

ペナン&シンガポール旅行記 34 〜 2011/8/17 夜の散策

18時半をまわった頃に夕食がてらお出かけ。富の噴水(Fountain of Wealth)を見たいという女房の希望をきいてマリーナ地区へ向かいます。地下鉄 MRT のオーチャードからシティホールへ行くことにしましたが、キップ(というかカード)を買うのに一苦労。事務所の人に聞いても券売機で買えとの指示があるだけ。券売機でも買い方を詳しく説明する資料はありません。地元のお姉さんに教えを請ってどうにか購入&乗車できました。
オーチャードから3つ目がシティホール、運賃は S$1.0(+デポジット S$1.0)と格安です。


110817evening1

シティホールで降りて歩いていくと戦争記念公園に到着。細長い外貌から、”お箸” とも呼ばれている The Civilian War Memorial。
第二次世界大戦の犠牲になった中国人、マレー人、インド人、欧州人が4本の柱にの象徴となっています。


110817evening2

こちらはかの有名な Raffles Hotel。


110817evening3

コロニアル調の白亜の建物。玄関には高級車がずらり。一度は泊まってみたいホテルです。


110817evening4_2

歩道橋の上からシンガポールの摩天楼の夕景をパチリ。


110817evening5

Fountain of Wealth に到着。Suntec City Mall の中心にある世界最大級の噴水です。この時間は大噴水は動いていなく小噴水だけでしたが、それはそれでのお楽しみがあります。それは小噴水に触りながら願いことを唱えて周りを時計回りに3周すると叶うという言い伝え。西洋人っぽい方達がご覧の通り回っていました。


110817evening6

この後しっかりと3周回ったのは言うまでもありません。(^^


110817evening7

Pan Pacific Singapore Hotel のエレベーター。その近未来的な姿に息子が見入ってました。

さて、時刻も 8時近くなり夕食の場を求めて Marina Square へ向かいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ペナン&シンガポール旅行記 33 〜 2011/8/17 空中プール

徒歩でホテルに帰着後はプールへ。

Marina Bay Sands の地上 191m のプールには負けますが、Hilton にも屋上(24F)にプールがあります。


110817hiltonpool1

こじんまりとした雰囲気で泳ぐ人も少なくて静かなもんです。


110817hiltonpool2

オーチャード通りを望む。屋根がお寺のような感じの建物は Marriot Hotel、手前のビルは Shaw House です。


110817hiltonpool3

オーチャード通りの西の方には Orchard Tower や Orchard Hotel。緑の中に見える赤い屋根の建物は Treetops Executive Residences です。


110817hiltonpool4

小さめのプールですが一番深いところでは 3m の水深があります。その上飛び込み禁止となっていますので何だか無駄な仕様のような…。シティホテルなので子供の利用とかはあまり想定していないのかもしれません。


110817hiltonpool5

オーチャード通りの反対方向。右にちらっと白い壁が写っているのは Four Seasons Hotel です。
このプール、夜8時までオープンしているので夜景を楽しむことも出来そうです。
私たちはそこまではいませんでしたが2時間半ほどのんびりと過ごしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.09.02

ペナン&シンガポール旅行記 32 〜 2011/8/17 シンガポール半日観光5


110817kanko51

佛牙寺の隣にある牛車水大厦(Chinatown Complex)。地下と1階がショッピングセンター…というか市場、2階はローカルなホーカーセンターになっています。


110817kanko52

チャイナタウンらしい風景。高層マンションの窓から物干竿を出して洗濯物を干すのは香港でもおなじみ。シンガポールも一緒なんですね。(^^


110817kanko53

目にも鮮やかなこのお店は婚礼関係の品物を扱っているようです。


110817kanko54

チャイナタウンの街並。時間がなくて散策は出来ませんでした。

さてお次ぎは HIS さんにとっては(笑)このツアーで最大のスポット、工場直営の宝石店へ。向かう車中でも金運の上がる宝石がありますとガイドさんがハイテンションで盛り上げます。ガラス張りの加工場の前で簡単な説明を受けたあとは売り場に放り込まれます。中では大勢の販売員がマンツーマンディフェンス状態(爆)でうるさいのなんの。ゆっくり見ることも出来ずさすがの女房も辟易として早々に退室いたしました。

昼食は Great World City の地下のフードコート Food Junction。一人10ドルのチケットを渡されたものの、12時半すぎという時間帯で店内は大混雑、なかなか空いた席が見つからず、料理の店も行列で実質40分程度では完全消化できませんでした。


110817kanko55

そんな中でようやくありついた私のラクサ。


110817kanko56

女房が頼んだちょっと寂しげな(笑)チキンライス。

他にはワンタンラーメン、水餃子、ブーブーチャチャ等々食べましたが結局 8ドル分のチケットを残して終了しました。飲み物がチケット使用不可というのが残念だったなぁ…。

最後はオーチャードの DFS の 4Fまで連れていかれてやっと解放です。この間ガイドさんは他のオプショナルツアーやお菓子の手配を強力にプッシュ。根負けしてお土産用の菓子5個を購入。67ドル也。今晩ホテルに届けてくれるそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ペナン&シンガポール旅行記 31 〜 2011/8/17 シンガポール半日観光4

今度は同じチャイナタウンにある中国寺院。
ミャンマーの寺院で発見された仏陀の歯を納めるために 2007年に建てられた新しめの寺院、佛牙寺龍牙院です。


110817kanko41

入り口に置かれた金ピカの龍。


110817kanko42

片膝を立てておだやかな微笑を浮かべながら座る如意輪観音像。

110817kanko43

絢爛豪華な1階の大ホールです。


110817kanko44_2

巨大な弥勒菩薩像に背を向けて熱心に読経を行う信者の方々。


110817kanko45

唐様式の建物もビッグサイズで4階建て。仏陀の歯は4階の黄金のストゥーパに納められてるとのこです。3階には仏教博物館の「龍華展覧館」、屋上は萬佛閣とランの庭園と見所が多いようなので駆け足の観光ではちょっともったいないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.09.01

ペナン&シンガポール旅行記 30 〜 2011/8/17 シンガポール半日観光3

続いてバスはチャイナタウンへ。


110817kanko31

で、現れたのは極彩色の建物。チャイナタウンですがヒンズー教寺院のスリ・マリアマン寺院( Sri Mariamman Temple)です。


110817kanko32

スリ・マリアマン寺院はイギリス東インド会社がシンガポールに貿易の入植地を建設した年から8年後の1827年にインド人ナライナ・ピレイ (Narayana Pillay) によって創設された古寺です。


110817kanko33

仏教寺院と異なり結構リアルな表情の人物?神様?がいらっしゃいます。


110817kanko34

牛やライオンさんも。


110817kanko35_2

ゴプラムとよばれる入口の塔は 6段に重なったヒンドゥー教の神々の彫刻像や他の人物像、装飾品などで豪華に飾り立てられています。かなりお腹いっぱい…(笑)


110817kanko36

異教徒でも寺院の中にも入ることは出来ますが写真撮影は NG でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ペナン&シンガポール旅行記 29 〜 2011/8/17 シンガポール半日観光2

実はラッフルズ卿上陸地点とマーライオン公園は目と鼻の先なのですが、シンガポールの街中は原則一方通行なのでバスは10分以上かけて大廻りしてようやく到着。バスが停まった場所は先ほどの場所とほんの数10メートルしか離れていませんでした。


110817kanko21

どーんとマーライオン。世界3大がっかりのひとつと言われることもあるようですが、個人的にはそれほどがっかりしませんでした。

110817kanko22_2

反対側から縦位置で。雲が多くてバックが今一でした。


110817kanko23

金融センターをバックに。ガイドブック等にはこのアングルの写真がよく使われていますね。


110817kanko24

SMAP の CM で日本でも超有名になったホテル、Marina Bay Sands。
ラスベガスのカジノリゾート運営会社 サンズによって開発され、単独のカジノとしては世界最大のカジノを中心に 2,560室のホテルや広大なコンベンションセンター、ショッピングモール、美術館、シアター、グラスパビリオンなどを含んだ複合リゾートとなっています。3棟のホテルはのテラス "Sands SkyPark" で繋がっていて、地上 191m 全長146m のプールがあります。


110817kanko25

ドリアンのような形をしたこの建物は "Esplanade - Theatres on the Bay" 。2002年10月16日にオープンした総合芸術文化施設で、オペラ、バレエ、ミュージカル、演劇、管弦楽、室内楽、伝統音楽などの各種公演が開催されているそうです。


110817kanko26

マーライオン "大" と背中を向け合うマーライオン "小"。なんか顔つきが東宝怪獣映画のゴジラの息子 ミニラのような感じです。シンガポールにはこの 2体のマーライオンの他にセントーサ島、シンガポール政府観光局本局の前、フェーバー山の合計 5体のマーライオンが存在します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »