« 沖縄旅行記3 〜 2012/2/4 玉陵(たまうどぅん) | トップページ | 沖縄旅行記5 〜 2012/2/4 首里城公園その2 »

2012.02.08

沖縄旅行記4 〜 2012/2/4 首里城公園その1

腹ごしらえをしたところで世界遺産 首里城跡に向かいます。


120204shuri101

首里城歓会門の外側、綾門大道の東側に位置する楼門の守礼門。もともとは琉球王国第二尚氏王朝4代目の尚清王(在位1527~1555)の時代に創建された門ですが、沖縄戦で消失し 1958年に再建されたものです。


120204shuri102

扁額の 守禮之邦 は「琉球は礼節を重んずる国である」ことを表しています。


120204shuri103

首里城の正門にあたる歓会門。城を訪れる人々への歓迎の意をこめたネーミングです。


120204shuri104

瑞泉門手前の城壁。


120204shuri105

瑞泉とは「立派でめでたい泉」という意味で門の前にあるわき水 龍樋 に因んだ名前です。


120204shuri106_2

国王一族の飲料水だったわき水 龍樋。


120204shuri107

櫓の中の水時計で時刻を計ったことで名付けられた漏刻門。


120204shuri108

漏刻門の脇から那覇市街を眺めます。


120204shuri109

漏刻門の正面に設置されている日時計の 日影台。


120204shuri110

司法や寺社宗廟関係の機関が入居していた楼閣の広福門。現在は有料区域への券売所になっています。

|

« 沖縄旅行記3 〜 2012/2/4 玉陵(たまうどぅん) | トップページ | 沖縄旅行記5 〜 2012/2/4 首里城公園その2 »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17972/53935030

この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄旅行記4 〜 2012/2/4 首里城公園その1:

« 沖縄旅行記3 〜 2012/2/4 玉陵(たまうどぅん) | トップページ | 沖縄旅行記5 〜 2012/2/4 首里城公園その2 »