« 香港旅行記 28 〜 2012/7/29 街並と看板 | トップページ | 香港旅行記 30 〜 2012/7/29 マカオ ラストの訪問スポットは 鄭家大屋 Casa do Mandarim »

2012.08.22

香港旅行記 29 〜 2012/7/29 2つの教会 〜 大堂 Se Catedral & 聖奥斯定教堂 Igreja de S. Agostinho

世界遺産にも登録されているマカオを代表する2つの教会です。


Macau601

カトリックマカオ管区の母体であるカテドラルです。別名は 主教座堂 で 1576年に創建されました。
1844年に再建された当時は世界で最も美しいカテドラルと言われていたそうです。
現在の建物は1937年のものです。


Macau602

入り口の車寄せには花で飾られたリムジンが。


Macau603

教会の中に入ると結婚式が厳かに執り行われていました。
ステンドグラスが綺麗ですね。


Macau604

青空とウエディングベル。


Macau605

こんな素敵な教会で式を挙げるカップル、きっと幸せになるに違いありませんね。


Macau606

建物右側の尖塔には時計。


Macau607


Macau608

カテドラル向かいの公園噴水の前で。


Macau609

しばらく南方向へ歩いていくと現れた聖オーガスティン教会。


Macau610

クリーム色の壁が優しい美しさを醸し出しています。


Macau611

1586年にスペインからフィリピン経由でやってきたオーガティン修道会が木造の修道院を建てたものが起源といわれています。
この建物は 1874年の建築です。


Macau612

天井には白と青緑で精緻な文様が施されています。


Macau613


Macau614

十字架を背負うキリスト。
毎年春に行われるカトリックの伝統行事 パッソス聖体行列 は、ここ聖オーガスティン教会とカテドラルの間を夜通し行進します。


Macau615

祭壇側から眺めた内部です。

|

« 香港旅行記 28 〜 2012/7/29 街並と看板 | トップページ | 香港旅行記 30 〜 2012/7/29 マカオ ラストの訪問スポットは 鄭家大屋 Casa do Mandarim »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17972/55485614

この記事へのトラックバック一覧です: 香港旅行記 29 〜 2012/7/29 2つの教会 〜 大堂 Se Catedral & 聖奥斯定教堂 Igreja de S. Agostinho:

« 香港旅行記 28 〜 2012/7/29 街並と看板 | トップページ | 香港旅行記 30 〜 2012/7/29 マカオ ラストの訪問スポットは 鄭家大屋 Casa do Mandarim »