« 香港旅行記 29 〜 2012/7/29 2つの教会 〜 大堂 Se Catedral & 聖奥斯定教堂 Igreja de S. Agostinho | トップページ | 香港旅行記 31 〜 2012/7/29 1881 HERITAGE »

2012.08.23

香港旅行記 30 〜 2012/7/29 マカオ ラストの訪問スポットは 鄭家大屋 Casa do Mandarim

半島を南へ南へと向かい到着したのは孫文や毛沢東に影響を与えた思想家、鄭觀應の邸宅 マンダリンハウスです。


Macau701

こちらも入場無料ですが同時参観人員に制限があるので受付を通って入ります。


Macau702

1811年に建てられた西洋の建築手法を取り入れた中国建築といわれています。敷地面積は4,000平方メートルもあり、多い時で300名ほどが住んでいたそうです。


Macau703


Macau704

2002年からの修復で長い間公開されていませんでしたが、2010年2月に修復を終えて 8年振りに一般公開されるようになりました。


Macau705

様々なデザインの壁、柱、窓枠などが調和しています。


Macau706

いろんな注意書きをひとまとめにしてますね。(^^


Macau707

中庭です。


Macau708


Macau709

壁の染み一つ一つが歴史を感じさせます。


Macau710


Macau711

細かな文様。


Macau712

天窓からは明るい日差しが注ぎます。


Macau713


Macau714

鄭観応は"易言" を著した思想家であるとともに実業家としても成功し上海機器職布局と上海電報局の総裁や開平煤砿局総裁、輪船招商局総裁等々を歴任した人でもあります。


Macau715


Macau716

水盤に亀がいました。人が近づくと餌がもらえると思うのか自分から寄ってきます。(^^

|

« 香港旅行記 29 〜 2012/7/29 2つの教会 〜 大堂 Se Catedral & 聖奥斯定教堂 Igreja de S. Agostinho | トップページ | 香港旅行記 31 〜 2012/7/29 1881 HERITAGE »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17972/55488127

この記事へのトラックバック一覧です: 香港旅行記 30 〜 2012/7/29 マカオ ラストの訪問スポットは 鄭家大屋 Casa do Mandarim:

« 香港旅行記 29 〜 2012/7/29 2つの教会 〜 大堂 Se Catedral & 聖奥斯定教堂 Igreja de S. Agostinho | トップページ | 香港旅行記 31 〜 2012/7/29 1881 HERITAGE »