« 2017年1月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年2月

2017.02.19

富士山は

雲に隠れて見えませんでしたが、
いい夕焼けでした。(^^


P1030317

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今朝は…


視程バッチリでした。


Jb0a6028

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.18

メンテナンス・チェック

半年振りの歯のメンテナンス・チェック。
磨きムラがあると指摘された以外は大きな問題なし。
次回はまた半年後。(^^)


16797504_1392514817490295_478674441

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.12

青空に富士山


山陰をはじめとして全国で雪の被害が深刻ですが、東京は寒いながらも好天が続いています。


P1030311


P1030312

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シドニーひとり旅 〜 JL772 approach for NRT

P1030300

太平洋上空に浮かぶお月様。


P1030301

順調に飛行を続けます。


P1030304

シドニーを出発して 8時間半、日本時間の 16時過ぎ、ずいぶんと日本に近づきました。もう 30分少々で到着でしょうか。


P1030305

16時半過ぎ、利根川と銚子の街、九十九里浜が見えてきました。


P1030306

打ち寄せる波を眼下にファイナル・アプローチ。


P1030307

多古町上空を降下中。


P1030308

16時36分、無事に RWY34R にランディングです。


P1030309

B2 から RWY を離脱し、ターミナルへと向かいます。


P1030310

日没前の夕陽が迎えてくれました。

ヒコーキ三昧のシドニー行、満喫させてもらいました。(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.11

シドニーひとり旅 〜 JL772 Cruising over the Great Barrier Reef & Papua New Guinea

P1030270

11時を回ったところでようやく太平洋が見えてきました。


P1030272

すごい数の船舶が航行していますね。


P1030275

Mackay の街並み。いよいよ GBR(Great Barrier Reef)にさしかかります。


P1030277

Shaw Island や Mahar Island、Mansell Island などが見えます。


P1030279

Haslewood Island。手前に見えているのは Whitsunday Island の Whitehaven Beach ですね。


P1030283

手前から Bait Reef、Hook Reef、Hardy Reef、Black Reef。


P1030284

Hook Reef、Hardy Reef をアップで。


P1030285

Bait Reef のアップ。


P1030286

Net Reef。


P1030289

GBR のセントラルセクションから 1時間半ほど飛ぶと PNG(Papua New Guinea)の上空となります。


P1030291

結構大きな川が流れています。


P1030297

で、この後見ることができたら幸せになると言われる Butterfly Island 上空を通過するのですが、ちょうど一面雲の中を飛行することになり残念ながら願いは叶いませんでした。(TT)


P1030298

赤道を越え、北半球に入ってもちらほらと Reef が目を楽しませてくれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シドニーひとり旅 〜 JL772 お食事

離陸して 40分ほどでランチのスタートです。ってか、まだ 10時過ぎなんですけど…。(^^;


P1030262

飲み物は往復とも同じものが搭載されており、また Delamotte Blanc de Blancs N.V. で。
青空に "泡" がお似合いです。(^^


P1030261

アミューズ・ブーシュはワイルドマッシュルームとリコッタのリエット、鴨肉の燻製 根菜と洋梨添え チーズヴィネグレット。


P1030265

帰りは洋食をいただきます。
オードブルのスモークサーモンとロブスターのメダリオン グレープフルーツヴィネグレット。


P1030266

温められたパンも柔らかくて美味。


P1030267

メインはお魚チョイス。鱸のフィレ バーニャカウダソースです。


P1030273

デザートはフラワーレスオレンジケーキ。


P1030274

オーストラリアらしく紅茶と一緒にいただきます。


P1030288

食事が終わると水分補給にこんなミネラル・ウォーターが配られました。


P1030292

映画の合間にアイスクリームをリクエスト。Serendipity Vanilla Bean。

映画は 12月までは シン・ゴジラ や 君の名は といった邦画の話題作が見られたのですが、年がかわってプログラムが変更されていてちょっと残念。
それでも The Accountant、Snowden、秒速5センチメートルの 3本を鑑賞しました。


P1030299

2回目の食事は和食。鮭幽庵焼き、蒲鉾、玉子焼き、ほうれん草のお浸し、ご飯、味噌汁というラインナップ。
味噌汁のお椀の底に味噌が固まっていたのはご愛嬌。


P1030302

到着1時間半前にはフルーツのリフレッシュメントをいただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シドニーひとり旅 〜 JL772 搭乗

指定されたゲートは端っこの 25番、搭乗開始予定時刻の 8時50分を数分回ったところで着いたら、優先搭乗は終了し一般搭乗が始まり列が伸びていました。
これはエコノミークラスのお客さんの行列に並ばなきゃならないなと覚悟したら、途中で係員の方が気づいて誘導してくれました。


P1030234

Japan Airlines B777-300ER JA736J。


P1030238

往路と同じく席は 7K。


P1030236

ウエルカム・シャンパンをいただきホッと一息。


P1030240

4泊したホテルが見えます。
RYDGES HOTEL のサインロゴのすぐ下、8階のむかって右端の部屋でした(Rm.802)。


P1030242

トーバーを切り離しコクピットに OK サインを出すと係員が振り向きもせずとっとと帰っていく他社とは違い、JAL はトーイングスタッフに加えてスーツ&制服姿の社員の方もランプに降りて深々とお辞儀。


P1030243

タキシングするシップに向かって大きく手を振ってくれます。
やっぱり海外でも日本流の "お・も・て・な・し" が踏襲されていますね。


P1030251

数便の離着陸機をエンドで待った後、RWY16R に進入します。


P1030252

エアボーン後は右手に Ramsgate Beach を見ながら上昇。


P1030253

でも低い雲の中にすぐに入ってしまい、北向きに転針する頃には真っ白でシドニーの風景を楽しむことはできませんでした。(TT)


P1030257

雲が途切れてきたのは離陸から 20分以上経った頃、すでに NSW の内陸地帯上空を飛行中です。


P1030258

Hunter Valley の石炭鉱山ですね。


P1030260

点在する地方の街を眼下に順調に北上していきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.10

シドニーひとり旅 〜 Qantas International Business Lounge

2月8日(水)帰国日です。

早めにホテルをチェックアウトして空港に向かいます。
ターミナル 2F の出発フロアのほぼ中央に位置する G カウンターで JL772 にチェックイン。Express Path を通り出国審査も自動化ゲートでスムーズに完了です。
制限エリアに入るとそこは免税店がどーんと構えてますが、それには目もくれず 3F の Qantas International Business Lounge へ。
オーストラリアで最初で最後の(笑)朝食をいただきます。


P1030182

クロワッサンにデニッシュ、パウンドケーキ。


P1030183

ウインナーにベーコン、ハッシュドポテト、スクランブルエッグ。


P1030184

フレッシュオレンジジュースと…。
広口瓶の容器に入ったものはヨーグルトと思って持ってきましたが、クリームチーズでした。(^^;


P1030187

正面の窓からはシドニー CBD の遠景が広がります。


P1030189

あまり食べると機内食が入らなくなるのでデザートはフルーツのみ。


P1030209

でも、こいつは外せません。(^^

搭乗予定時刻の 8時50分近くまでのんびりさせていただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シドニーひとり旅 〜 シドニーシティ散策2


植物園を後にして今度は The Rocks 方面へ。


P1010802

Industrial Relations Commission。


P1010803

旧大蔵省庁舎の岩造りの建物を利用した Intercontinental Sydney。
1987年に初めてオーストラリアに出張で赴いた際に宿泊したホテルです。


P1010804

街中にこんな野鳥が。
Australian White Ibis、朱鷺の仲間です。


P1010805

開拓者や囚人たちが初めて入植した場所、The Rocks へ。


P1010806

ハーバーブリッジのアンカー部分。


P1010807

なかなか趣のある佇まいです。


P1010808

1828年開業のシドニー最古のパブと言われる The Fortune of War。


P1010809

さて、再び Circular Quay から電車に乗りましょう。


P1010810

Town Hall 駅で下車し地上に出るとまさしくそこには Sydney Town Hall。


P1010812

お向かいは St. Andrew's Cathedral。


P1010813

モールの中に何やら不思議な空間が…。(^^;


P1010814

シドニーのランドマークの一つ、Sydney Tower。ニュージーランドのオークランドにある Sky Tower に次いで南半球2番目の高さ(309m)を誇っています。


P1010815

1898年に完成した Queen Victoria Building(QVB)。内部は近代的に改装され高級ショッピングセンターとなっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シドニーひとり旅 〜 シドニーシティ散策1


2月5日の午前中はシドニーの街中へ。
国際線ターミナル地下に直結している Airport Link に乗り Circular Quay で下車、Royal Botanic Garden 方面へと歩き始めます。


P1010787

客船埠頭には Celebrity cruises の旗艦 Celebrity Solstice が停泊中。


P1010788

オーストラリアの国旗がはためく Sydney Harbour Bridge。


P1010789

反対サイドには Sydney Opera House。


P1010790

1959年に着工され 1973年に完成したこの建物は世界遺産として登録されていますが、年代的に一番新しいものだそうです。


P1010791

後ろを振り返るとシドニー CBD の高層ビル群。


P1010792

シドニー湾を往来するフェリーが忙しく行き交います。


P1010793

橋の向こう側には歴史のある遊園地 Luna Park Sydney。メインエントランスの The Face がシンボルです。


P1010794

遠目には白一色に見えるオペラハウスの外壁には 1,056,000枚ものスウェーデン製のタイルが張られています。


P1010795


P1010796

大きなガラス窓に空や雲が映り込んでいます。


P1010797

日曜日だというのに人影もまばらな Royal Botanic Garden。


P1010799

シドニーといえば必ずでてくるアングルの風景ですね。(^^


P1010800

Mrs Macquarie's Chair。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シドニーひとり旅 〜 シドニー空港の夜明け


シドニー2日目の2月5日早朝、夜明けのシドニー キングスフォード・スミス空港の様子です。


P1010732

6時前、空がオレンジ色に染まり始めました。


P1010736

上空の雲は一段と濃い色になっています。


P1010740


P1010741

刻一刻と表情を変えていく空。


P1010748

6時20分過ぎ正面の一角がひときわ明るくなりました。


P1010749

朝陽が建物の上に顔を見せました。


P1010750

美しい日の出で〜す。


P1010753

朝陽を浴びながらカンタスの A380 がタキシングしていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シドニーひとり旅 〜 お食事タイム

今回のシドニーでのホテルは "Plane Spotter Package" なる私のようなヒコーキ好きにぴったりのプランを提供している Rydges Sydney Airport Hotel を選択。部屋の目の前が国際線ターミナルビルと滑走路という願ってもみないロケーションです。
このパッケージプランにはエアポートビューの部屋代に加えて 1泊につき A$50 分の飲食代が含まれているので全ての食事はホテル内で済ませました。

では、その食事をご紹介。


2月4日 夕食
 メインダイニングの Blackwattle Grill で。
 
 P1010702

 White Wine をグラスで。

 P1010703

 Natural Rock Oyster、レモン汁と赤ワインドレッシングをかけていただきます。

 P1010704

 メインは Roast Duck Breast。

 P1010705

 可愛いウエイトレスさんのお勧めに抗えず(笑)デザートもいただきました。
 Artisan Ice Cream、チョコとバニラ、レモンの3種類。満腹です。


2月5日 昼食
 スポーツ・バーの Touchdown Sports Bar で。

 P1010816

 「何かオーストラリアのローカルビールを」と頼んだら出てきたビール。ケアンズの Great Northern だったかな?

 P1010817

 ランチの定番 Fish & Chips。


2月5日夕食 
 Touchdown Sports Bar で。

 P1020075

 今度は自ら銘柄指定。NSW の Tooheys NEW です。

 P1020076

 Angus Cheese Burger、ヴォリューム満点です。


2月6日 夕食
 Blackwattle Grill で。

 P1020635

 今度は Red Wine を。

 P1020636
 
 野菜を補おうとオーダーした Mixed baby leaf & herb salad でしたが…。

 P1020637

 メインで頼んだ Lamb Schnitzel にも相応の野菜が付いてました。(^^;;


2月7日 昼食
 Touchdown Sports Bar で。

 P1020872

 黒ビールのような Tooheys OLD。

 P1020873

 この日の午前中は悪天候で肌寒かったので暖まろうとして Meatballs Carbonara。


2月7日 夕食
 Touchdown Sports Bar で。

 P1030105

 あっさり系の Hahn Super Dry。

 P1030106

 食事は湯気の立つ Chicken Stroganoff。ライスはインディカ米でした。


物価の高い豪州でホテル内のレストラン&バーということで、そこそこのお値段するのですが、Express Lunch や Twilight Dinner Special と銘打った いわゆる ハッピーアワー を活用したので総額 A$200 のヴァウチャーの中に収まりました。(^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.09

シドニーひとり旅 〜 JL771 approach for SYD

P1010275

シドニー時間の 6時20分過ぎ、空が美しく染まっています。


P1010276

ベルトサインも点灯しシドニー空港に向けて降下を開始しました。


P1010277

記憶に残る景色を右手に見ながらアプローチ継続。


P1010278

中央のビーチはマンリーですね。


P1010280

そしてこちらはボンダイ・ビーチです。


P1010281

有名なハーバーブリッジやオペラハウス、シドニーの CBD が見えてきました。


P1010282

シドニータワーを中心に CBD のスカイライン。
手前の建物はシドニー・フットボール・スタジアムやクリケット・グラウンドです。


P1010283

ロイヤル・ランドウィック競馬場を横目に見て RWY25 へと着陸進入します。

6時43分にランディング、48分にゲートインということで定刻より 27分の早着となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シドニーひとり旅 〜 JL771 お食事

エアボーン後ベルトサインが消えるまで 20分ほどかかり 20:10 過ぎから CA さんは夕食サーブの準備に取り掛かります。

「空の上に、特別なレストランをつくりました。」をキャッチフレーズした BEDD と呼ばれるお食事。有名シェフとのコラボメニューが楽しめます。シドニー便ビジネスクラスは 湯島「くろぎ」オーナーシェフの黒木 純さんと創作料理「山田 チカラ」オーナーシェフの山田 チカラさん、そして料理プロデューサー/出張料理人の狐野 扶実子さんのメニューとなります。


P1010261

まず先付は胡麻豆腐 山葵のせ(黒木 純)&燻製煮卵と叉焼(山田 チカラ)。


P1010262

飲み物は Delamotte Blanc de Blancs N.V. をいただきます。

そしてコースは黒木 純さんの和食にしました。


P1010264

冬凪と名付けられた前菜の数々。
筑前煮、蟹鼈甲餡、水菜春菊木ノ子浸し数の子、鮑、鰤焼き霜大根おろし、牛時雨煮、たたき牛蒡、鰯蒲焼、温度卵、サーモン燻製手毬、生麩と目と舌両方で楽しめます。


P1010265

台の物には 雪蔵今摺り米 のご飯とお味噌汁、香の物がセット。


P1010266

鰻の蒲焼と和風牛タンシチュー。


P1010267

甘味は日向夏ジャムが添えられたカステラ。緑茶とよく合います。

1時間以上かけて雲上のディーナーを満喫しました。(^^


P1010270

日本時間の深夜 1時頃口寂しくなってフレッシュ・フルーツをオーダー。ANYTIME YOU WISH といって希望の時間に何回でもお願いすることができます。まあ、深夜なのでこれ 1回で終わりましたが…。


P1010271

日本時間の 3時、シドニー時間の 5時に頂いた朝食。
狐野 扶実子さん監修のフミコの洋食です。甘海老と帆立貝のマリネ 赤ワインビネガーのドレッシング、マッシュルームのブルーテ ロワイヤル、メゾンカイザー特製パン(プチさつまいも、ほうれん草とゆずのプチパン)という布陣でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シドニーひとり旅 〜 JL771 搭乗

73番ゲートに赴くと本日のシップがお待ちです。


P1010250

Japan Airlines B777-300ER JA735J。


P1010251

予定よりちょっと遅れて 19:05 のボーディング開始だそうです。


P1010252

優先搭乗で乗り込んだ機内。
JAL SKY SUITE(SS7)と呼ばれるコンフィグレーションで、本日の座席はバルクヘッドの窓側席 7K です。


P1010253

窓 3個分を占有するスペース、モニターは 23インチと大型です。フルフラットのベッドにもなりますし、一昔前のファーストクラスと比べても遜色ありませんね。


P1010254

一時期は廃止されていた離陸前のウエルカム・ドリンクの提供も復活していました。


P1010255

隣の通路側の席との関係はこんな感じでいわゆるスタッガード・タイプです。お隣を気にせず席を立ち通路に出ることが可能です。


P1010263

離着陸には降ろされているパテーション・ボードを閉めると個室感がますます高まります。


P1010257

ブレブレですが (^^; 、RWY34L へ進入、まもなく離陸です。


P1010259

一旦北に向けてエアボーンした機体は成田空港を眼下に大きく右旋回をしながら南へと方向を変えていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シドニーひとり旅 〜 JAL サクララウンジ

遅めの夏休みを取り 2月3日〜 8日の日程でシドニーへと行ってきました。オーストラリアは 2006年2月にケアンズを訪れて以来 11年ぶり、シドニーは 1994年1月にパース〜アデレード〜シドニー〜ケアンズと周って以来なんと実に 23年ぶりの訪問となります。
目的はシドニー キングスフォード・スミス空港でのヒコーキ撮影。ヒコーキの写真はこちらに上げていきますのでご興味のある方はご覧ください。

溜まっていたJAL のマイルを使ってビジネスクラスの旅を企てましたが、自宅から便利な羽田発着の Qantas 便は空きがなく、成田からの JL771/772 を利用することになりました。

2月3日の出発時刻は 19時30分ですが、14時半過ぎには成田空港 T2 に到着。すぐさまチェックイン、出国審査を経て本館のサクララウンジでまったりと過ごします。(^^


P1010218

2013年のチューリッヒ出張以来の国際線ビジネスクラスへの搭乗です。


P1010203

ヒコーキを眺めながらまずはシャンパンで喉を潤します。


P1010204

で、ちょっと遅めのランチをスタート。
トマト風味のポタージュスープとフレッシュ・サラダ。


P1010205

JAL 名物ビーフカレー。ほとんどのお客さんが食べてましたね。


P1010215

ジュースとミニサンド、フルーツ・カクテルをデザート代わりに。

この後もヒコーキを眺め、撮影しながらシャンパンのおかわりやコーヒをいただき搭乗開始時刻の 19時前までのんびりとさせてもらいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年1月 | トップページ | 2017年4月 »