« サンフランシスコひとり旅 〜 JL002 approach for SFO | トップページ | サンフランシスコひとり旅 〜 2月3日のサンライズ »

2018.02.08

サンフランシスコひとり旅 〜 The San Francisco Airport Commission Aviation Library and Louis A. Turpen Aviation Museum

A5 ゲートに定刻でゲートインした JL002。アメリカの入国審査は時間がかかるという噂を聞いていましたが、実際は……。
到着した時間が良かったのか行列が全くなく、入国審査ではパスポートと税関申告書、E チケットの控えを見せて入国目的と滞在日数を聞かれたら両手の指紋(全部の指)と顔写真を撮られて完了。
荷物は全て機内持ち込みだったのでターンテーブルによることなしに税関へ。もちろん申告するものは何もなく申告書を渡しておしまい。
Welcome to San Francisco の声に見送られてゲートインから 15分ほどでスムーズにアライバルホールへと出ました。


Sfo_aport01

国際線ターミナルの全景。2000年の12月にオープンした割と新し目のターミナルです。


Sfo_aport02

ガラス張りの明るい建物です。


Sfo_aport03

あまりにもスムーズに入国できてホテルのチェックインにはまだ早いかな(通常 16時のところを 14時でリクエストしていましたが、まだこの時点で 12時半過ぎ)と思いターミナル内の航空博物館(The San Francisco Airport Commission Aviation Library and Louis A. Turpen Aviation Museum)を覗いてみました。
天井からは Lockheed Model G。


Sfo_aport04

世界を席巻した Pan American World Airways の地球儀。


Sfo_aport05

Pan American Airways, Boeing 314A。


Sfo_aport06

Pan American Airways, Sikorsky S-42。


Sfo_aport07

United Air Lines, Douglas DC-3。


Sfo_aport08

当時としては画期的な広告と機材塗装戦略を行なっていた Braniff International Airways。


Sfo_aport11

"Big Orange" や "The Great Pumpkin" と呼ばれた B747-100。


Sfo_aport09

1970年代半ばからは Flying Colors へ。


Sfo_aport10

"Flying Colors of South America" をまとった Douglas DC-8-62。


Sfo_aport12

懐かしい機材、塗装、航空会社のモデル・プレーンもたくさん展示されていました。

|

« サンフランシスコひとり旅 〜 JL002 approach for SFO | トップページ | サンフランシスコひとり旅 〜 2月3日のサンライズ »

旅行・地域」カテゴリの記事

飛行機」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17972/66370611

この記事へのトラックバック一覧です: サンフランシスコひとり旅 〜 The San Francisco Airport Commission Aviation Library and Louis A. Turpen Aviation Museum:

« サンフランシスコひとり旅 〜 JL002 approach for SFO | トップページ | サンフランシスコひとり旅 〜 2月3日のサンライズ »