グルメ・クッキング

2017.02.11

シドニーひとり旅 〜 JL772 お食事

離陸して 40分ほどでランチのスタートです。ってか、まだ 10時過ぎなんですけど…。(^^;


P1030262

飲み物は往復とも同じものが搭載されており、また Delamotte Blanc de Blancs N.V. で。
青空に "泡" がお似合いです。(^^


P1030261

アミューズ・ブーシュはワイルドマッシュルームとリコッタのリエット、鴨肉の燻製 根菜と洋梨添え チーズヴィネグレット。


P1030265

帰りは洋食をいただきます。
オードブルのスモークサーモンとロブスターのメダリオン グレープフルーツヴィネグレット。


P1030266

温められたパンも柔らかくて美味。


P1030267

メインはお魚チョイス。鱸のフィレ バーニャカウダソースです。


P1030273

デザートはフラワーレスオレンジケーキ。


P1030274

オーストラリアらしく紅茶と一緒にいただきます。


P1030288

食事が終わると水分補給にこんなミネラル・ウォーターが配られました。


P1030292

映画の合間にアイスクリームをリクエスト。Serendipity Vanilla Bean。

映画は 12月までは シン・ゴジラ や 君の名は といった邦画の話題作が見られたのですが、年がかわってプログラムが変更されていてちょっと残念。
それでも The Accountant、Snowden、秒速5センチメートルの 3本を鑑賞しました。


P1030299

2回目の食事は和食。鮭幽庵焼き、蒲鉾、玉子焼き、ほうれん草のお浸し、ご飯、味噌汁というラインナップ。
味噌汁のお椀の底に味噌が固まっていたのはご愛嬌。


P1030302

到着1時間半前にはフルーツのリフレッシュメントをいただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.10

シドニーひとり旅 〜 Qantas International Business Lounge

2月8日(水)帰国日です。

早めにホテルをチェックアウトして空港に向かいます。
ターミナル 2F の出発フロアのほぼ中央に位置する G カウンターで JL772 にチェックイン。Express Path を通り出国審査も自動化ゲートでスムーズに完了です。
制限エリアに入るとそこは免税店がどーんと構えてますが、それには目もくれず 3F の Qantas International Business Lounge へ。
オーストラリアで最初で最後の(笑)朝食をいただきます。


P1030182

クロワッサンにデニッシュ、パウンドケーキ。


P1030183

ウインナーにベーコン、ハッシュドポテト、スクランブルエッグ。


P1030184

フレッシュオレンジジュースと…。
広口瓶の容器に入ったものはヨーグルトと思って持ってきましたが、クリームチーズでした。(^^;


P1030187

正面の窓からはシドニー CBD の遠景が広がります。


P1030189

あまり食べると機内食が入らなくなるのでデザートはフルーツのみ。


P1030209

でも、こいつは外せません。(^^

搭乗予定時刻の 8時50分近くまでのんびりさせていただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シドニーひとり旅 〜 お食事タイム

今回のシドニーでのホテルは "Plane Spotter Package" なる私のようなヒコーキ好きにぴったりのプランを提供している Rydges Sydney Airport Hotel を選択。部屋の目の前が国際線ターミナルビルと滑走路という願ってもみないロケーションです。
このパッケージプランにはエアポートビューの部屋代に加えて 1泊につき A$50 分の飲食代が含まれているので全ての食事はホテル内で済ませました。

では、その食事をご紹介。


2月4日 夕食
 メインダイニングの Blackwattle Grill で。
 
 P1010702

 White Wine をグラスで。

 P1010703

 Natural Rock Oyster、レモン汁と赤ワインドレッシングをかけていただきます。

 P1010704

 メインは Roast Duck Breast。

 P1010705

 可愛いウエイトレスさんのお勧めに抗えず(笑)デザートもいただきました。
 Artisan Ice Cream、チョコとバニラ、レモンの3種類。満腹です。


2月5日 昼食
 スポーツ・バーの Touchdown Sports Bar で。

 P1010816

 「何かオーストラリアのローカルビールを」と頼んだら出てきたビール。ケアンズの Great Northern だったかな?

 P1010817

 ランチの定番 Fish & Chips。


2月5日夕食 
 Touchdown Sports Bar で。

 P1020075

 今度は自ら銘柄指定。NSW の Tooheys NEW です。

 P1020076

 Angus Cheese Burger、ヴォリューム満点です。


2月6日 夕食
 Blackwattle Grill で。

 P1020635

 今度は Red Wine を。

 P1020636
 
 野菜を補おうとオーダーした Mixed baby leaf & herb salad でしたが…。

 P1020637

 メインで頼んだ Lamb Schnitzel にも相応の野菜が付いてました。(^^;;


2月7日 昼食
 Touchdown Sports Bar で。

 P1020872

 黒ビールのような Tooheys OLD。

 P1020873

 この日の午前中は悪天候で肌寒かったので暖まろうとして Meatballs Carbonara。


2月7日 夕食
 Touchdown Sports Bar で。

 P1030105

 あっさり系の Hahn Super Dry。

 P1030106

 食事は湯気の立つ Chicken Stroganoff。ライスはインディカ米でした。


物価の高い豪州でホテル内のレストラン&バーということで、そこそこのお値段するのですが、Express Lunch や Twilight Dinner Special と銘打った いわゆる ハッピーアワー を活用したので総額 A$200 のヴァウチャーの中に収まりました。(^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.09

シドニーひとり旅 〜 JL771 お食事

エアボーン後ベルトサインが消えるまで 20分ほどかかり 20:10 過ぎから CA さんは夕食サーブの準備に取り掛かります。

「空の上に、特別なレストランをつくりました。」をキャッチフレーズした BEDD と呼ばれるお食事。有名シェフとのコラボメニューが楽しめます。シドニー便ビジネスクラスは 湯島「くろぎ」オーナーシェフの黒木 純さんと創作料理「山田 チカラ」オーナーシェフの山田 チカラさん、そして料理プロデューサー/出張料理人の狐野 扶実子さんのメニューとなります。


P1010261

まず先付は胡麻豆腐 山葵のせ(黒木 純)&燻製煮卵と叉焼(山田 チカラ)。


P1010262

飲み物は Delamotte Blanc de Blancs N.V. をいただきます。

そしてコースは黒木 純さんの和食にしました。


P1010264

冬凪と名付けられた前菜の数々。
筑前煮、蟹鼈甲餡、水菜春菊木ノ子浸し数の子、鮑、鰤焼き霜大根おろし、牛時雨煮、たたき牛蒡、鰯蒲焼、温度卵、サーモン燻製手毬、生麩と目と舌両方で楽しめます。


P1010265

台の物には 雪蔵今摺り米 のご飯とお味噌汁、香の物がセット。


P1010266

鰻の蒲焼と和風牛タンシチュー。


P1010267

甘味は日向夏ジャムが添えられたカステラ。緑茶とよく合います。

1時間以上かけて雲上のディーナーを満喫しました。(^^


P1010270

日本時間の深夜 1時頃口寂しくなってフレッシュ・フルーツをオーダー。ANYTIME YOU WISH といって希望の時間に何回でもお願いすることができます。まあ、深夜なのでこれ 1回で終わりましたが…。


P1010271

日本時間の 3時、シドニー時間の 5時に頂いた朝食。
狐野 扶実子さん監修のフミコの洋食です。甘海老と帆立貝のマリネ 赤ワインビネガーのドレッシング、マッシュルームのブルーテ ロワイヤル、メゾンカイザー特製パン(プチさつまいも、ほうれん草とゆずのプチパン)という布陣でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シドニーひとり旅 〜 JAL サクララウンジ

遅めの夏休みを取り 2月3日〜 8日の日程でシドニーへと行ってきました。オーストラリアは 2006年2月にケアンズを訪れて以来 11年ぶり、シドニーは 1994年1月にパース〜アデレード〜シドニー〜ケアンズと周って以来なんと実に 23年ぶりの訪問となります。
目的はシドニー キングスフォード・スミス空港でのヒコーキ撮影。ヒコーキの写真はこちらに上げていきますのでご興味のある方はご覧ください。

溜まっていたJAL のマイルを使ってビジネスクラスの旅を企てましたが、自宅から便利な羽田発着の Qantas 便は空きがなく、成田からの JL771/772 を利用することになりました。

2月3日の出発時刻は 19時30分ですが、14時半過ぎには成田空港 T2 に到着。すぐさまチェックイン、出国審査を経て本館のサクララウンジでまったりと過ごします。(^^


P1010218

2013年のチューリッヒ出張以来の国際線ビジネスクラスへの搭乗です。


P1010203

ヒコーキを眺めながらまずはシャンパンで喉を潤します。


P1010204

で、ちょっと遅めのランチをスタート。
トマト風味のポタージュスープとフレッシュ・サラダ。


P1010205

JAL 名物ビーフカレー。ほとんどのお客さんが食べてましたね。


P1010215

ジュースとミニサンド、フルーツ・カクテルをデザート代わりに。

この後もヒコーキを眺め、撮影しながらシャンパンのおかわりやコーヒをいただき搭乗開始時刻の 19時前までのんびりとさせてもらいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.05.05

葉山 BBQ オフ


昨日は元オペル乗り仲間で GW 恒例の BBQ オフ。
夜半から朝方まで台風並みの雨風でどうなることかと思いましたが、天気予報通り 9時前には青空が広がり始め急速に天候が回復してくれました。

葉山にあるメンバーのご実家の庭で素敵な食材を使った豪華な BBQ を堪能いたしました。(^^


Collage_hayama

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.11.16

人生初欧州(スイス・チューリッヒ)〜 LX160 FLIGHT 2


さあ、お楽しみのお食事です。


P1010945

食前酒は Pinot Noir Neuchatel 2011/2012(スイス産の赤ワイン)。
おつまみはスパイシーなポテチ。


P1010952

スイス時間の 15時(日本時間 23時)に早めの夕食がスタート。
サーモンのリエット、サワークリームのムース添え、イエロー/レッドパプリカのクーリ&季節のサラダ。


P1010956

メインは鹿肉のシチュー、シュペッツレ、サボイキャベツをチョイス。
鹿のお肉は臭みもなく柔らかでしたがソースの塩分がちと強めでした。
先ほどのサーモンのリエットとともにヌーシャテルの Beau-Rivage Hotel のレストラン O'terroirs のシェフ Erik Mazeas 氏によるプロデュースだそうです。


P1010957

今回もチーズプレートはご遠慮申し上げてキャラメルとヘーゼルナッツのクランブル&
フルーツサラダ。


P1010958

紅茶を頼んだらお湯を注いだカップとリプトンのティーバッグがやってきました。(^^
ミルクはスイス版ブルーインパルスともいえる Patrouille Suisse のパッケージ、ホテルの冷蔵庫にもありましたね。


P1010959

スイスチョコレート。
一箱欲しいと思ったけどさすがに言い出せませんでした…。(^^;;


P1010960

スイスのお水。夜中トイレに立った際に CA さんがくれました。
メニューには「映画と一緒にお楽しみいただけるスナック」として MOVENPICK のアイスクリームと書いてありましたが、就寝中にまわったのかもらえませんでした。 (TT)


P1010967

長旅も終盤にさしかかり、日本時間の 6時に機内の照明が点灯。 6時半頃から朝ご飯の開始です。
まずはハム&チーズとフルーツサラダ、パンのコールドディッシュ。
さすが本場のチーズがうまうまです。


P1010968

そして希望者にはオムレツとフライドポテトのホットディッシュもサーブされました。
カレー風味の入ったトマトソースが美味しゅうございました。

成田到着まであとわずかです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.11.10

人生初欧州(スイス・チューリッヒ)〜 LX161 FLIGHT 2


12時間超のロングフライトのお楽しみの一つはやはり機内食です。今回はビジネスクラスなので期待もひとしおです。(^^


P1010706

食前酒の Domaine de Chauvigny Bevaix 2012(スイス産の白ワイン)。
おつまみはカシューナッツをチョイス。
ウエルカムシャンパンもあったけど撮り忘れました。(^^;


P1010710

昼食がスタート。 
前菜はシーフードと野菜のタンバル、レッドペッパーソース&季節のサラダ。
三國清三シェフの創作料理メニューです。


P1010714

メインは若鶏胸肉のアミガサタケソース仕立て、シュペッツレ、ベビーキャロット、スナップエンドウ。
淡白な鶏肉と濃厚なソースがマッチしてました。


P1010716

デザート。
カシスのムースと季節のフルーツサラダ。
カシスムースも三國シェフメニューです。
チーズプレートもありましたが、こちらはパス。


P1010717

食後のコーヒーはもちろん陶器のカップで。


P1010718

スイス・チョコレート。
箱から選ぶんだけど1ヶだけ… (TT)


P1010720

リラックスタイムの水補給は evian のガス無しで。
開封せずにホテル滞在用にお持ち帰りしました。 (^^


P1010733

ハムサンド、チーズサンド、おにぎりからの選択の軽食。
ホテルでの朝食用に迷わずおにぎりをゲット。(笑)
飲物(紅茶)は紙コップでした。


P1010736

到着前の軽食です。
スイス時間の 14時半(日本時間の 22時半)頃にサーブされましたが、落とされていた機内照明が点灯されたあとなので朝食的なイメージ?
鶏肉とサラダ、フライドポテト。


P1010739

朝食的イメージとはいいながらしっかりデザート付き。
濃厚な生チョコが乗っかったケーキです。 (^^


P1010740

締めのコーヒーはエスプレッソで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.08.23

2013年夏・帰省 〜 久留米メシ


地元久留米で食したお品です。


Kurumefood01

久留米と言えばまずはラーメンでしょ!ということで初日のお昼はこれ。
嬉野に向かう途中に七木地蔵尊の近くにある大砲ラーメンの長門石店にて。


Kurumefood02

2日目の夕食は買い物がてら向かったゆめタウン久留米の中にある五穀。
お一人用の釜で炊き上げるご飯が名物の定食屋さんですが、この日は茶蕎麦定食をいただきました。


Kurumefood03

3日目のお昼はこちらへ。富松うなぎ屋荒木店。


Kurumefood04

人気店ながら平日のお昼過ぎということですんなり席につくことが出来ました。


Kurumefood05

私と親父はうなぎ定食。


Kurumefood06

女房と息子はせいろ蒸しをチョイス。(すでに鰻が一切れ食べられていますが… )


Kurumefood07

おまけ:福岡空港の YOSHIMI BLUESKY で一杯。 (^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.08.21

2013年夏・帰省 〜 嬉野温泉 御宿 高砂 のお食事


お宿のお楽しみは温泉に加えてお食事です。

まずは夕食から。お品書きがなかったのでうろ覚えですが…。(^^;


Takasogofood01

湯葉やサザエの和え物などの前菜。


Takasogofood02

もずく酢。緑色のものはオクラのゼリーです。


Takasogofood03

お造り。


Takasogofood04

冬瓜とぶな占地の煮物。


Takasogofood05

なす田楽。茗荷の酢漬けがさっぱりしていました。


Takasogofood06

若楠ポークと野菜の陶盤蒸し焼き。


Takasogofood07

鮎の甘露煮。柔らかくて頭から骨から食べることが出来ました。


Takasogofood08

佐賀牛のしゃぶしゃぶ。


Takasogofood09

野菜や魚のすり身の天婦羅…。このあたりになると既にお腹いっぱいです。


Takasogofood10

デザートは豆腐プリン。(このほかにご飯と赤出汁、お漬け物がありました)


明けて翌日の朝食です。


Takasogofood11

野菜やひじきの煮物、海苔に焼き魚、サラダに漬け物と定番が並びます。


Takasogofood12

温泉を利用した湯豆腐は嬉野の名物です。


Takasogofood13

自らハムエッグを作るのは初めての経験だったなぁ〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧